研修

「3つの研修しかやらないのですか?」というご質問をいただくことがありますが、そうではありません。3つの研修の基礎には、コミュニケーション、論理思考、時間管理、マネジメント、リーダーシップ、コンプライアンス等々の要素が含まれています。従って、基礎研修を単独でも実施いたします。
研修の基礎

生産性向上のための
「管理職のための仕事の渋滞解消」

ねらい

ノー残業デーやオフィスの一斉消灯を実施しても、仕事の量が減ったり、やり方を変えたりしなければ、仕事は先送りにされてしまい、目の前の仕事は片付きません。その状態を「仕事が渋滞している」と言います。仕事の渋滞を解消するためには、仕事が予定通り進まない原因を明らかにし、対策を打つことが必要です。
この研修は、生産性を上げることを目的に管理・監督者が主導して、チームで「仕事の渋滞」を解消する仕組みを作ります。

プログラム

※このプログラムには1日版と2日版があります。一般社員向けのプログラムもあります。

経営シミュレーションシリーズ
(紙飛行機でわかる財務会計)

ねらい

グループに分かれて「会社」を作り、製品(紙飛行機)を製造してお客様に販売し、売り上げと利益を競うゲームを行います。グループごとに財務諸表を作り、企業の成果である利益を計算することで、財務諸表を読みこなすスキルと「仕事で使える会計の知識」を身につけられます。

プログラム

※このプログラムには1日版と2日版があります。

「先手営業」

ねらい

目標数字の達成と営業利益率を上げるために、はじめに営業の使命と自分の営業スタイルを確認し、先手を打つことの重要性を理解します。先手を打つとはどういうことか、先手を打つべきお客様とはどういう人(会社)か、有効な先手策には何があるのかを考え、新たな営業スタイルを獲得していただきます。お客様のタイプを把握し、タイプに応じた先手策を作ります。先手を打つことによって、お客様も自社も発展することを目指します。

プログラム

※このプログラムには1日版と2日版があります。